12

16

コメント

留萌本線廃線セレモニーに行った話 本編。

こんばんは。
ここ数カ月 持っているCDやデータの音楽を聞き返しているのですが
自分で思っていたよりもたくさん所有していたようで
全然聞き終わらない私です。
ぜんぶ聞き終わったら新しい音楽を探そう、と思いきや
まだまだ踏み出せないや(笑)

ちなみに聞いたCDは
Twitterアカウント@ari3382の方で「#ari3382cd」というタグをつけてツイートしたりしています。
完全に記録用。オススメだったり特別好きなもの、とは限らず、聞いたもの。
しかし多少は影響を受けているのだろうなぁ


さて、本題。
前回記事の続き、留萌本線廃線セレモニーに行った話。本編です。

12月4日(日)確かセレモニーは19時から、だったかな。
増毛駅前には セレモニームービー(ちょっと正式名称忘れちゃった)を映すためのスクリーンが用意されていて
なんだか新鮮でした。

14818221450.jpeg

人、いっぱいだったなぁ。
遠方から来ている方も、地元の方も。たくさん。

ムービーは、増毛駅の歴史から 今まで駅で行われたイベントの写真、
映画「駅STATION」のことから
札幌から毎週末通ったという方の鉄道写真や
たくさんの方が「ありがとう」と書かれたカードを持って映ったり
増毛小学校の鉄道クラブ(作ったのね!!)の子どもたちなど
じんわりする音楽と共に流れておりました。

映像を見て
あれ、このイベント行ったな~なんて思い出したりして
さらにじんわりする私。

20161212032231a7f.jpg

ムービーの後はいよいよ最終列車の見送りだったのですが
これが本当にすごい人口密度でした。

駅長マーシーくん。

201612120322271b3.jpg

最後の列車。
列車の中にも外にもすごい数の人ひとひと

そこかしこから聞こえる思い出話。

2016121203222887c.jpg

青と白のペンライトでお見送り(私は持っていなかったけど)。
海と波を表現しているのだとか。
あたたかい日だったので 雪がとけた地面はぐしゃぐしゃで
それでもみんな列車に近づこうと前へ前へ。

列車が動き出すといっそう激しくペンライトも揺れて
きれいでした。

意識せず大好きになっていた「見送る」行為、
このときが最後だったのか、と
今さら これを書きながら思っております。
寂しいね。

IMGP0646_convert_20161216021830.jpg

駅には駅STATIONの顔出し看板とか(私もやればよかった)

IMGP0648_convert_20161216021906.jpg

「幻のヘッドマーク」。
(恥ずかしながら「この丸いのなんだろ~」って思っていた)
(父のブログでヘッドマークということを知る私)


顔出し看板なんかは今も展示されているのではないでしょうか(憶測)。

列車はもう来ないけれど
増毛駅は「旧増毛駅」として残っていきますし
駅前の観光案内所(「駅STATION」に出てくる「風待食堂」)は 今年初めて冬期間も営業するみたいですよ。

これからは これからの魅力。
それも楽しみではありませんか。

今後も「ましけ日記」(カテゴリ名ね笑)綴っていきますので
よろしくどうぞ~。

20161212032230718.jpg

わんこ。
スポンサーサイト

まさひこ

お疲れ様です。
留萌本線のラスト。
増毛駅の青と白のペンライト 感動しました。テレビで見てそれですから、現地で見ていたら涙ボロボロでしょうね。でも、こんなセレモニーできるって幸せだと思う。
現在も不通の日高線は、最悪このまま廃止ですからね。ちょっと気の毒ですがね。明日は、留萌ですね。頑張ってね。

12

16

20:24

ari3382

こんばんは。
そうですね、現地で見られてよかったです。
明日の留萌、頑張ってまいります!ありがとうございます*

12

16

23:51

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://ari3382.blog.fc2.com/tb.php/667-98cce232

プロフィール

ari3382

Author:ari3382
北海道増毛町出身札幌市在住。
ピアノ弾き語り シンガーソングライター。
札幌市中心にライブ活動中。
2015年7月よりシングル「さなぎ」発売中。
2016年9月よりファーストミニアルバム「あかい花をきみに」発売中。
ライブ会場にて「ありんこ通信」配布中。

よろしくお願いします*
ご意見ご感想ご要望ありましたら
お気軽にコメントどうぞ!

宮津有沙オフィシャルサイトはこちら
http://arisamiyatsu.wix.com/ari3382
よろしくお願いいたします!

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad